ライブチャットの楽しみ方とやめられない理由を経験から話します。

ライブチャットでムラムラした気持ちを発散

私は趣味としてライブチャットを利用しており、テレエッチを繰り返しています。会社と自宅の往復で、日々仕事のストレスに追われる日々となればテレクラでテレエッチをするのが日々の息抜きにもなっており、テレエッチをすることにより「また明日からがんばろう」と思えるモチベーションにもなっています。そんな私は先日、「こんなにエッチな子はいるのか」アダルトライブチャットでテレエッチをすることほどすばらしいことはありません。私自身、「ストレスの宝庫」としか言えない会社での人間関係と仕事にイライラが募り、ほぼ毎日のようにライブチャットを利用し、思うがままにテレエッチをとにかくひたすら繰り返しています。ライブチャットにはエッチな人が多く集まっているので、私の発散には最適です。毎回毎回違う女の子とテレエッチするので、相手の声などから毎回攻め方や言葉を変えたりしながらお互い気持ちよくなれる、というのが楽しいです。そして、そんな女の子たちとの刺激的なテレエッチで射精をすることが私にとって一種の生きがいのようにもなってきています。最近は30代以上の大人の女性とのテレエッチに夢中になっており、ライブチャットでも30代の方々と積極的に関わっています。

そして先日テレエッチをしたとある30代の人妻と実際になんと直接会い、セックスしてきました。その日は金曜の夜だったのですが、いつも通り仕事終わりにライブチャットを利用しました。つながった女性と話をしていくうちにだんだんとエッチな流れになり、すぐにテレエッチが始まりました。私はどんどん彼女を言葉で攻めました。すると彼女は「あん・・」「ん・・」などと息づかいが荒くなってきました。「初めて喋る人にエッチな言葉で攻められてアソコ濡らしてるんでしょ?この淫乱女」というと「濡れてないもん」と言いながらも明らかに感じている息づかいでした。

ライブチャットでのテレエッチ後、実際に会うことになりました。

そしてどんどんテレエッチは加速していき、私のアソコは既にビンビンに堅くなっており、扱き始めました。そして彼女の息づかいはどんどん荒くなっていき、「イク・・」と言いながら一瞬息が止まったように感じました。この時私は彼女がイッたと思いました。「イッちゃったの?こんな見ず知らずの人にテレエッチでイカされてるんだね」「エッチ大好きな変態なんだね」というとどうやら時間が余っているような印象の人妻と何気ない話をしていくうちに何と家がすぐ近くだと言うことがわかりました。

そして私とのライブチャットでのテレエッチが相当楽しくて気持ちよかったのか、彼女の方から「この後会ってエッチしませんか?」と言ってきました。場所が近いことを確認し合った後さっそく駅前で待ち合わせをしました。
私の前に現れた彼女は人妻とは全く思えないほどの美貌とスタイルに私の興奮は収まらず、そのままホテルに直行しました。女優の西山茉希さんのようなキレイ系の女性で男であれば誰しもが「いいな」と思ってしまうような顔とスタイルの持ち主でした。ライブチャットの時は少々薄暗い場所にいた彼女とのプレイだったのでそこまで顔は確認できませんでしたが、この後この人とエッチをすると思うと既に亀頭から我慢汁が出ているのがわかりました。まさかテレエッチをした人とそのまま会えることになるなんて思ってもいませんでした。ホテルに入るなりすぐにプレイを開始しました。彼女はテレエッチで感じたときのイメージ通り、とてもエッチで濡れやすく、感じやすい人でした。ラブホということもあり、彼女は周りを気にしないぐらい大声で喘いでいました。「イク・・・もうだめ・・・」と言いながら彼女はイッてしまい、私はイッた彼女をさらに攻めるかのようにどんどん攻めました。「お願い、そのまま出して」と自ら中だしをせがんできた彼女の期待通り、私は彼女の膣内に大量の精液を放出しました。「今までで一番興奮した」と言ってきた人妻とその後セフレ関係になりました。まさかテレエッチを通してセフレに出会えるとは思っていませんでした。私はそれ以降、この人妻とセックスを繰り返す一方でテレエッチを続けながらセフレの数を増やそうとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です